忍者ブログ
Internet SEO対策。International Network SEO対策。マーケティング、ニュース、日記その他。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンカーテキスト


アンカーテキストという用語がSEOにあります。これはSEOを施している方々であれば何度も耳にしたことがあると思います^^。このアンカーテキストはどういうものかといいますと、リンクが設定された文字列のことをアンカーテキストといいます。WEBページなどでリンクが設定された文字列ということです^^。アンカーテキストは青色の文字であらわされていることが多いです。アンカーテキストを青色の文字で表示させるのはデフォルトです。CSSを使えば変更することはいつでも可能です^^。しかし、見る側からすれば、アンカーテキストは青色の文字で表示されていると思っている人が多いですし、そのようにインプットさせられていますので、あまり変えない方がいいかもしれません。

SEM対策会社
SEO対策プロフェッショナル

Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
同一ドメインからの大量被リンクはSEOで効果あるのか?効果あり。ドメイン分散型被リンクには劣るが
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定

胸毛、腹毛の脱毛サイト、千葉県男性
脱毛 男性 千葉

出張で不用品を買取るサービスサイト、松山市
出張買取 松山
洗濯機 買取 松山

短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
PR